エリア紹介

■今治地区

今治地区は開港場の指定を受けた最も歴史の古い地区で、現在では周辺島嶼部を結ぶフェリー・高速船が就航する観光港として役割を果たしています。また、平成22年7月からは第二桟橋の一部にヨット・プレジャーボートが気軽に立ち寄ることができる“いまばり海の駅”を開設しました。

係留施設名 水深(m) 延長(m) 対象船舶
大型フェリー岸壁 -6.1 130 10000(G/T)
中型フェリー岸壁 -4.0 137 700(G/T)
小型フェリー物揚場 -4.0 60 600(G/T)
第一桟橋 -5.5 198 3000(G/T)
第二桟橋 -3.0 176 300(G/T)
第三桟橋 -3.0 92 500(G/T)
天保山岸壁 -5.5 100 2000(G/T)

平成25年3月21日現在

>>いまばり海の駅